不動産売買の知識 | 不動産購入売却物語

不動産売買の知識



 

スポンサーリンク

不動産売買の知識記事一覧

不動産売買の仲介手数料のしくみ

不動産の売買という機会は、一般のサラリーマンなどには、そうそうああるわけではありません。人生で一度か二度といった場合がほとんどでしょう。たいていは、必要に迫られて不動産を売ったり買ったりする機会があったとしても、どう売るのか、どのように買うのかといった方法がわからず、売買の目的を達成するのは困難です...

≫続きを読む

 

不動産売却依頼の種類3つ・媒介契約

不動産を売りに出す時に、不動産屋さんに頼むことになります。この依頼の方法や内容も宅地建物取引業法による法律で決められていて、不動産売買を依頼する契約内容で3種類の契約方法があります。媒介契約不動産業者さんに売買を依頼する契約のことを「媒介契約」といいます。不動産取引では、この媒介契約を最初にしっかり...

≫続きを読む

 

不動産取引の相場を調べるにはRMIで

実際に不動産の売却をやってみて、いろいろと調べた情報をまとめています。普通に生活しているときには、なじみがないと思いますが、不動産取引の相場を調べるには、RMIというサイトで調べることができます。RMIとは、不動産取引情報提供サイト( レインズ・マーケット・インフォメーション 、REINS Mark...

≫続きを読む

 

不動産会社を選ぶ時に注意すること

古家やマンションなど不動産の売買では、不動産会社を、しっかり選ぶ必要があります。土地や建物という大きな金額が動く不動産売買の業界は、一般の人から見るとちょっと怖い世界なのかと勝手に思っている人が多いようです。私たち、不動産購入売却物語kin48.net管理人フドウ夫婦もちょっとそんな感覚がありました...

≫続きを読む

 

家屋の耐用年数で価値が決まるけれど

不動産売買での建物の価値についてです。古家につく売買価格です。まだまだ住むことができて使えるのに、不動産の売買では、土地の上に立っている家屋の価値はほとんど無いに等しくされることが多いのです。不動産購入売却物語kin48.net管理人フドウ夫婦が売りに出した古家付きの土地は、家屋は「価値ゼロ」と評価...

≫続きを読む

 

耐用年数が過ぎた古家付の土地の扱いは不動産売買でどうする

前回は、家屋の耐用年数を見てきましたが、不動産購入売却物語kin48.net管理人フドウ夫婦が土地を売りいだした時も、古家付で土地だけの値段で売りに出しました。築40年ですから仕方ありません。木造家屋の耐用年数は25年程度ですが、それが過ぎるとどうなるのでしょうか。一般的に建物の不動産としての価値は...

≫続きを読む

 

不動産物件のカシって何だ?瑕疵担保責任

不動産物件の取引で聞き慣れない言葉が出てきました。「瑕疵」という言葉です。売り主には「瑕疵担保責任があるので〜〜うんたら、かんたら〜〜」と、最初はなんのことやらわかりませんでした。「瑕疵」という言葉がわかりません。瑕疵とは、辞書で調べてみると傷とか欠陥といった意味のようです。読み方は「かし」と読みま...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム