更地にするか古家付き売却どっちが得か【第2回不動産売却体験談】 | 不動産購入売却物語

更地にするか古家付き売却どっちが得か【第2回不動産売却体験談】



 

スポンサーリンク

更地にするか古家付き売却どっちが得か【第2回不動産売却体験談】

不動産売却の体験談の続きです。

 

まず、考えたのが、土地の上に建っている家です。

 

築40年ですので、これをどうするかと言うことです。このまま古家つきで買ってもらえるのか、それとも家を取り壊して更地にしてからじゃ無いとダメなのかが、わかりません。

 

そこで、不動産の査定を申し込む前に、古家付きか、更地にするか、どちらが有利なのかを調べてみました。

 

「上物あり」と「更地」

 

家が建ったままの土地で、古家の場合、つまり中古住宅付きの土地を「上物あり」というみたいです。

 

そして、「上物あり」の古家を取り壊して、土地だけにしたものを「更地」といいます。

 

こうした不動産売買の専門用語にも慣れていかなくてはなりません。

 

不動産売買は、一般人はそんなに遭遇することでは無いので、この辺の勉強が面倒です。

 

しかし、面倒だからといって不動産会社さんに丸投げして、希望通りの売却ができなくて後悔するのもいやです。

 

古家の建物を残した上で上物ありで売却した方がよさそう

 

頑張って調べました。いろいろ調べたところ、人口の多い都心では、不動産の売却にあたってはこんな風に考えればいいようです。

 

結論は、古家の建物を残した上で上物ありで売却した方がよさそうなのです。そうすると、不動産を購入してくれる人の幅が広がるみたいなんです。

 

どういうことかというと、不動産を売り出すときの表示として、「中古戸建」と「土地(古家付)」の2種類で、不動産会社に売り出してもらうということです。

 

土地だけで無く、古い家付きで、築古の物件を探している人も結構いるそうなんです。

 

 

スポンサーリンク
  

 

 

古家付きの土地の場合では、購入者さんが、古家の解体費用を値引いてくることが考えられるので、その分を売り出し金額に上乗せして金額を設定すればよいそうです。

 

さらに調べてみると、解体、滅失登記を売却希望者、つまり売る側の私たちで行うのを避けて、現況のまま買主に全部売り渡した方が、後々のトラブルは少ないようです。

 

一切の瑕疵担保責任につき免責

 

古家付きの戸建てで土地が欲しいという人には、「一切の瑕疵担保責任につき免責」とし、古家付き土地は、現況の売買で、解体等は全て買主負担とすれば、土地だけと古家付きとの、どちらか限定で売り出すよりは売れる可能性は高くなるようです。

 

なんだか、専門用語っぽい言葉が出てきましたが、こういった不動産売買専門用語にも慣れて、勉強しなくてはと思いました。

 

ただ、不動産売買では、「一切の瑕疵担保責任につき免責」ということができるようなので、このまま現況で売りに出すのもよさそうです。

 

とはいえ、私の持つ家は、土地面積が20坪と狭いですし、建っている家も築40年なので古すぎます。家の価値としてはゼロです。ですから、住みたいという人はそうそういないような気がします。

 

 

「更地にするか古家付き売却どっちが得か」まとめ

 

更地にするか古家付き売却どっちが得か【第2回不動産売却体験談】では、「上物あり」と「更地」ににするかという選択ですが、一切の瑕疵担保責任につき免責ということで、古家の建物を残した上で上物ありで売却した方がよさそうだということです。

 

これも時代や地域性のあることだと思います。不動産購入売却物語サイト管理人フドウ・キンヤ夫婦の住む名古屋の住宅街では、こんな感じで一戸建ての古屋付き土地の売却を進めることにしました。

 

なるべく高く売却したいと思いますが、さて、どうなったでしょうか?まだまだ、この話は始まったばかりです。次回に続きます・・・・・

スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム