住宅ローンの審査についてメリット、デメリット

住宅ローンの審査についてメリット、デメリット



 

スポンサーリンク

住宅ローンの審査についてメリット、デメリット

住宅ローン

 

住宅購入に多くの人が頼りにする住宅ローンの審査についてです。

 

一生の買い物である住宅の購入。

 

重大な決意で家を購入しようと思った場合、多くの人が頼みにするのが、住宅ローンです。

 

全額キャッシュで自宅を購入できる人はいいのですが、多くは、ローンを組んで家を買うでしょう。

 

もちろん住宅ローンを頼む際には審査があり、その審査に通らないと家を購入する事が出来ません。

 

住宅ローン審査内容の詳細については、ローンを頼む会社によって審査基準が違います。

 

なので、何とも言えないのですが、大体の審査基準を理解しておくことで心の準備が出来るのではないでしょうか。

 

住宅購入時、住宅ローンの審査を受けますが、この時「審査が通って当然」と想う人もいれば、「審査が通らなかったらどうしよう」と不安になっている人もいると思います。

 

住宅ローンは多額の借金をするということです。どんな人でも簡単に借りることができるというものではありません。

 

使えるという人もいれば、借りれないという人もいます。

 

住宅ローンの審査については、借りる人の勤めている会社や年収など属性によって待ちましなので、これだというものはありません。

 

様々な審査基準を見て、総合的に判断が変わる事となります。

 

概要としては、申請者の個人情報や属性、そして、購入する家や土地などの不動産価値が審査対象となります。

 

貯金や土地など資産があり、他社の借り入れに関しても信用があって問題がなく、返済能力が充分にあったとしても、不動産価値が弱い不動産物件を購入しようとした場合は、借り入れが出来ないという事があります。

 

逆に、不動産物件的には価値が充分にあったとしても、返済能力が無いとみなされると借り入れは難しいという事になります。

 

この様に、住宅ローンの審査は総合的に見て判断が変わるので、事前に概要を知っておく様にする事が大切です。

 

 

スポンサーリンク
  

 

 

住宅ローンのメリット

 

住宅ローンを頼む際には審査があって、審査を通った人がお金を借り上げる事が出来ますが、面倒な手続きをして、お金まで借りて住宅ローンを組むメリットはあるのでしょうか。

 

住宅ローンを組む事によって持てるメリットについて挙げてみたいと思います。

 

先ずは「お金が無くても直ぐに家を購入する事が出来る」というメリットです。

 

何かを買う時にはお金を貯めて現金で払うという事をモットーにしている人も多いと思います。

 

しかし、一般のサラリーマンでは、全部のお金を貯めるまでに時間がかかり過ぎます。

 

一戸建てやマンションの場合、高額な資金が必要な為、何となく現金で一括購入するという事は難しいです。

 

それを住宅ローンを組んでお金を借り受ける事で、今直ぐに家を手にいれる事が出来るというメリットがあるのです。

 

次に最近は住宅ローンを組む際、「団体信用生命保険」に加入する事が主流となってきています。

 

これにより、万が一、借主が亡くなった場合に家の残債をその保険で賄えるというメリットが出てきます。

 

残債が無くなった上にその住宅を将来売却した場合に期待出来る収入があるというメリットも出てきます。

 

この他にも投資用としての住宅に住む事で、住宅ローンの借り方によっては、資産を増やすというレバレッジ効果が期待出来ます。

 

この様に、住宅ローンを借りる事で持てる効果は、いくつかあるという事がお判り頂けると思うのです。

 

 

住宅ローンのデメリット

 

借りる事で増えるメリットはたくさんありますが、住宅ローンは借金をするという事ですので、デメリットも出てきます。

 

審査が通る、通らないと言うのもありますが、審査を通す前にどの様なデメリットがあるのか把握しておくと良いでしょう。

 

先ずは「金利が変動する場合、返済額が増加する可能性がある」というデメリットがあります。

 

住宅ローンは高額の借り入れをしています。

 

いくら金利が低くても、その利子の総額はかなりの金額になります。

 

なので住宅ローンを頼む際、金利が少しでも低い所を選ぶ場合が多いと思いますが、その時の金利が低いからと言って変動金利で借りた場合、将来的に金利が上昇して返済額が増加してしまったという場合もあるのです。

 

そうすると月々の返済額も増加してしまいますので、そうなった時に、家計を圧迫してしまう結果になりかねません。

 

固定金利が良いか、変動金利が良いか、よく検討した上で借りなくてはいけないのです。

 

次に「万が一の場合に売れない」というデメリットがあります。

 

仮に住宅を投資目的で購入しようとする場合、住宅ローンを組んで投資する人も少なくありません。

 

但し蓋を開けてみたら思った様な金額で売れずに結果的に赤字になってしまうという結果に陥る事も考えられます。

 

また引っ越しを余儀なくされてしまい、どうにか買った住宅を手放さなくてはならなくなった場合も同様です。

 

そういった場合、それでも住宅ローンはきっちりと返済していかなくてはならない為、購入する際には今後の生活設計と合わせて住宅ローンを組む必要が出て来るのです。

 


スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム