住宅ローン審査基準、債務状況・勤務先・年収

住宅ローン審査基準、債務状況・勤務先・年収



 

スポンサーリンク

住宅ローン審査基準、債務状況・勤務先・年収

住宅ローン審査基準、債務状況・勤務先・年収

 

住宅ローンの審査基準・債務状況

 

「現在の債務状況」も住宅ローンの審査基準として重要な項目になります。

 

現在、多くの方がクレジットカードを所持していて、利用をしていると思います。

 

そのクレジットカードを作ったり、ショッピングで利用したり、キャッシングで利用したり、返済したり、滞納したりするとその記録は全て「個人信用情報」に登録される事になります。

 

これは、どこのクレジットカードを作っても一括して管理されている情報になります。

 

ですから、借金を誤魔化す事が出来ないという事になるのです。

 

住宅ローンの審査を依頼した場合、前もってローン会社は、この個人信用情報を確認する事になります。

 

何社から借り入れをしているのか、総額いくら借り入れがあるのか、返済状況は何とか、きちんと毎月返済しているのか、滞納が過去に何度あるのかという情報が分かってしまうのです。

 

その為、住宅ローンを頼む際、他に借入額があるかどうかと言うのを記載する欄があると思います。

 

この時、はからずも少ない借入額を書いてしまうが、いきなり分かってしまいますので正直に申し出する様にしておいた方が印象が良いと思います。

 

また、過去の滞納の情報は過去5年間ほど残っていると思われます。

 

滞納の状態によっては審査が通らないといいうことに陥る可能性が高くなります。

 

ここで注意は必要なのは、他社で借り入れがある場合は審査が通らない場合が多いという事です。

 

住宅ローンの申請をする前は、出来るだけ他社の借り入れを返済しておいた方が良いでしょう。

 

また、不要な使っていないクレジットカードは解除しておいた方が良いと思いますよ。

 

スポンサーリンク
  

 

住宅ローンの審査基準・勤務先・勤続年数

 

「勤続先」「勤続年数」も住宅ローンの審査基準として言える項目になります。

 

住宅ローンの審査時、どれだけ年収が良いかと言うよりは、どれだけ安定して収入があるのかという事を金融機関は重視します。

 

この「安定」と言うのが雇用形態という事にもなるのですが、正社員で働いている方が雇用が安定していて継続して雇用されている可能性が高いという事から審査に受かる可能性が高いです。

 

残念ながら、契約社員、派遣社員と言うのは雇用の継続性が、少ないとみなされる事が多い為、審査が通らない可能性がある様です。

 

また勤務先も大手企業であれば収入が安定しているとみなされ易いですが、中小企業であれば大手企業に勤めている人よりも結構審査が厳しくなってしまうという事実があります。

 

さらに「安定性」という事で重要視されるのは、「勤続年数」です。

 

通常、同一の会社に3年以上勤めていれば、審査基準としてはクリアしやすいという現状の様です。

 

しかし転職したばかりの場合、この3年以上という年数にはあてはまりませんが、キャリアアップの為等、転職理由によってはこの点はクリアできる事もありますので、申込時に相談をしてみると良いでしょう

 

自営業、派遣社員、契約社員の場合、過去3年間の所得証明が必要になる事が多いです。

 

収入が安定していれば良いのですが、バラつきが見て取れる場合は、ひとつの不安要素になってしまいます。

 

住宅ローンの審査基準は、これに該当するだけではありませんが、出来るだけ安定した収入が受け取れる方の方が審査が通りやすいという現状にある様です。

 

 

「住宅ローン審査基準、債務状況・勤務先・年収」まとめ

 

「債務状況」「年齢」「年収」「勤務状況」などを見てきました。住宅ローンの審査基準として重要な項目になります。

 

ともかく住宅ローンを頼む際は、額が高額な為、若い方が有利という事は否めません。

 

通常、借り入れ可能な年齢として20〜70歳、完済時の年齢を80歳未満として定めている金融機関が多い様です。

 

通常30年ローンが多いのですが、だからといって50〜80歳までローンを組むという場合、簡単には借りられない様です。

 

これは定年が60歳だとして、20年間は定年後になるので収入が激減してしまうという懸念からだと言われています。

 

この場合、50歳で借りたとして借り入れ期間を15〜20年と少なくして審査が通り過ぎるという事の方が多い様です。

 

次に「年収」についてですが、借入額はこの年収によって決められると言われています。

 

金融機関によって最低年収額は決まっていませんが200〜300万円が相場の様です。

 

また自営業の場合、所得金額がその年収としてみなされます。

 

しかし課税前の所得金額か、経費等を差し引いた所得金額か、どちらを対象とするかは金融機関によって変わってきます。

 

課税対象所得金額が対象の場合、自営業では極端にこの金額を少なくしている場合があります。

 

これは売り上げに対して、経費が多くて実際の利益が少ないという事を意味します。

 

こうなると住宅ローンの審査が通りづらい傾向にありますので、注意をしなくてはいけません。

 

この様に、年齢や年収も審査の対象になりますので覚えておくと良いでしょう。

 


スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム