住宅ローンのポイント、返済計画・頭金・借り換え

住宅ローンのポイント、返済計画・頭金・借り換え



 

スポンサーリンク

住宅ローンのポイント、返済計画・頭金・借り換え

住宅ローンのポイント、返済計画・頭金・借り換え

 

住宅ローンのポイント・返済計画

 

住宅を購入する際、住宅ローンを借りると思います。

 

住宅ローンは審査に通ってはじめて借り入れる事が出来ます。審査に通りやすい所から頼む様にする事が1つのポイントとなります。

 

またその他のポイントとして返済計画をきちんと立ててから住宅ローンを頼む様にする事も大切なのです。

 

住宅は住宅ローンを全額返済し終わってようやく自分達の持ち家になります。それまでは住宅ローンを借りている金融機関の所有として扱われます。

 

先ずはその点をしっかりと把握しておく事が大切です。

 

次に住宅ローンを組む際、家計のやりくりで年間あたりどの位返済に回せるかしっかりと決めておく事が大切です。

 

一般的に年収の25%までを目安にしてローンを組む事が良いと言われています。

 

無論、年収額が多い人はそれを上回っても可能です。

 

またお子さんがいるご家庭では、進学時に多額のお金が必要になるなど、通常の期間とは違うお金が出て行く事も予想されます。

 

ご自分の生活スタイル、ライフプランに合わせて、今後の生活予想をおおよそ把握した上で生活に支障のない程度の住宅ローンを組む必要が在るのです。

 

今後の収入計画も充分予想しておかなくてはいけません。

 

今現在経済的に安定しているとは言っても、今後どのようになるか分かりませんよね。

 

今現在の収入で余力を作っておくとか、見て取れる時に繰り上げ返済しておくか等、様々な事態にも対応出来る様にしておく必要があります。

 

もっと返済計画は不測の事態に備えて何パターンか用意しておくと安心です。

 

スポンサーリンク
  

 

住宅ローンのポイント・頭金の用意

 

通常、住宅購入にあたって頭金がいくらか必要になります。

 

勿論住宅ローンの審査についても、頭金が少ないよりは、たくさんあった方が審査に通る可能性が高くなります。

 

但し近年それでは一定の収入が安定して有れば、頭金が0円でも住宅ローンが組める場合もあります。

 

フラット35については、住宅購入資金の90%まで融資可能という住宅ローンもある様です。

 

そういった事から、以前よりは住宅購入しやすくなったとおもってもいいかと思います。

 

ただし、頭金が無いという事はそれほど元本が多くなるという事ですので、返済額はかなりの金額になり、月々の返済額も高額なものになります。

 

たとえば4000万円の住宅ローンで35年ローン、2%の金利だとした場合、利息総額は1500万円を越えていく事になります。

 

利息だけで住宅本体の値段の半分近くに上るなんてバカバカしいですよね。

 

でも、頭金を1割入れて3600万の住宅ローンをおんなじ年数、おんなじ金利で組んだ場合、利息総額は1000万円程になり、500万円余計に払わなくても良いという事になります。

 

勿論、月々の返済額も少なくなり、生活にゆとりが生まれる様になります。

 

もっと頭金を2割用意出来るとなるともう一度返済額が少なくなります。

 

また頭金を出来るだけたくさん入れておく事で、購入後の安心度合いが違ってくると思います。

 

この様に住宅は頭金が無くても購入できますが、出来るだけ頭金があった方が何かとメリットが大きいという事を覚えておくと良いでしょう。

 

 

住宅ローンのポイント・借り換え

 

住宅ローンを上手く返済する方法として「借り換え」が挙げられます。

 

当然、今現在の住宅ローンと比較してお得感が無ければ意味がありませんが、借り換えの条件次第では総返済額を減少させる事が出来ます。

 

勿論現在の住宅ローンの審査とは違うので、更に新たに審査されますので、それに通らなければ借り換えは出来ません。

 

借り換えには、現在支払っている住宅ローンの繰り上げ返済に必要な手数料、新たな登記費用等、諸経費がかかります。

 

金融機関によってはそういった諸経費が無料の所もありますので、借入時にきちんと調べておきましょう。

 

ではどういった場合に借り換えをした方がお得なのでしょうか。

 

「返済期間がこの先10年以上ある」「現在の金利と新しい金利の差が1%以上である」「返済残額が500万円以上在る」という場合が借り換えをした場合にメリットとなりやすい状況となります。

 

現在、借り換えを進めている金融機関がかなりありますので、そういった所と現在の返済状況と照らし合わせてください。

 

また現在の住宅ローンで変動金利適用期間に入った場合、借り換えをした方が有利と至る事もありますので検討してみると良いでしょう。

 

この様に、決して借り換えがお得という訳でもありませんし、必ず借り換えが出来るという事でもありません。

 

同じ条件でも金融機関によって返済額がなる事もあります。

 

高額資金の借り換えになりますので、金利が安いからという理由だけではなく、充分に検討を重ねた上で借り換えをする様にください。

 


スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム