持ち家を建築する時の注意点

持ち家を建築する時の注意点



 

スポンサーリンク

持ち家を建築する時の注意点

持ち家を建築する時の注意点

 

自分の持ち家を建てたいと思う年齢になったら、住みたい土地を探すところから始めましょう。

 

もちろん、マンションという選択肢もありますが、できることなら一戸建てを建築するつもりで住宅資金を貯めておきましょう。

 

居住する土地探しは自分の持ち家を建てようと考えている地域によって変わってきます。

 

関東地方のように人口が多いところでは居住する土地探しは難しいですから、地方に住むことを考えるべきでしょう。

 

さて、居住する土地探しについて少し考えてみましょう。

 

スポンサーリンク
  

 

不動産事業者が提供している地域や土地の中から選ぶ

持ち家を建築する時の注意点

 

どのような地域でもいいわけではなく、不動産事業者が提供している地域や土地の中から選ぶことになります。

 

今から造成する土地も含まれているでしょう。

 

きれいに長方形になっている居住する土地ならあまり考えなくてもいいかもしれません。

 

しかし、そこに建築する自分の持ち家をイメージしながら居住する土地の広さを考えてください。

 

家族の人数と部屋の数、玄関の広さや車庫スペースなど考えなければならないことはたくさんあります。

 

居住する土地の形に合わせて自分の持ち家を建築する方法もあります。

 

注意したいのは自家用車の入れやすさでしょうか。

 

特に毎日、車を出し入れする場合、車庫の間口が広くないと大変です。

 

家族が増えて大きなワンボックスカーを購入したのはいいけれど、自分の持ち家の車庫に入らないといった事にならないようにしなければなりません。

 

もちろん、そんな将来のことはわかりません。

 

事故などで車椅子生活になれば、玄関を作り変える必要が出てくるでしょう。

 

いずれにしても、住宅資金に余裕があるなら広めに居住する土地を選ぶことをおすすめします。

 

多くの人にとって一生に一度の住宅購入ですから、しっかりと考えましょう。

 

 

住宅ローン・住宅建築時の注意

持ち家を建築する時の注意点

 

居住する土地探しは不動産事業者などに依頼をして、物件があれば知らせてくれるように依頼しておきます。

 

もちろん、最初の住宅資金は、最初の頭金だけでいいですが、住宅ローンについても調べておきましょう。

 

住宅ローンの返済計画を立てるのです。

 

居住する土地探しが終われば、自分の持ち家を建築することになります。

 

居住する土地の形や方角によって自分の持ち家の形が制限を受けます。

 

南側の日当たりを考えると同時に、北側の寒さも考慮しましょう。

 

子どもの自転車や車を置くためのスペースなども検討しなければなりません。

 

家族の人数に合わせて部屋の数も必要でしょう。

 

自分の持ち家を建築する時に、ある程度先のことまで考えておかなければなりませんが、すべてを見通すことはできません。

 

予想外に家族が増えて子どもたちの部屋がなくなったら、その時に考えればいいでしょう。

 

子どもたちはいずれ自分の持ち家を出ていくのです。

 

一人一部屋でなくてもいいでしょう。

 

自分の持ち家を建築するためには住宅資金計画が重要です。

 

一生で一番高い買い物になることは間違いありませんし、一度に全額を支払うことも無理なのです。

 

インターネットで自分の持ち家を建築することや居住する土地探しの注意事項を検索してみましょう。

 

たくさんの情報がヒットします。

 

つまり、多くの人が失敗しているのです。

 

ただ、居住する土地を購入して自分の持ち家を建てて、住んでみなければわからないことがたくさんあります。

 

住み続けていると、だんだんと住みやすいと感じてくることでしょう。

 

それが一戸建ての自分の持ち家なのです。

 

マンションを購入してもいいのですが、隣近所が近すぎて気疲れしてしまうこともあります。

 

 

自分の持ち家の居住する土地探し

持ち家を建築する時の注意点

 

結婚したら、早く自分の持ち家を建てたいと誰もが思うでしょう。

 

そのためには事前に準備しておかなければならないことがたくさんあります。

 

まずは自分の持ち家のための居住する土地探しでしょう。

 

どの辺りに住みたいと考えているか、夫婦二人でしっかりと考えておきましょう。

 

長い間住んでいる居住する土地であれば、街の雰囲気もわかっていますが、いきなり知らない所へ行くと期待外れになってしまうこともあります。

 

せっかく購入した住宅地で自分の持ち家を建築することを躊躇してしまうかもしれません。

 

まずは、いろいろと調べることから始めましょう。

 

もちろん、住宅資金計画も大切です。

 

全額を支払うことは現実的ではありませんから、住宅ローンを活用することになります。

 

毎月いくらずつ払えば何歳になった時に返済完了となるかは重要なことです。

 

自分たちの自分の持ち家と居住する土地ですから、子どもにローンの肩代わりをさせないようにしておくのが親の務めです。

 

さて、建築する自分の持ち家の広さや間取りなどを計画しながら、居住する土地探しをしましょう。

 

自分の持ち家の計画を考え始めると、楽しくなるはずです。

 

きっと、にぎやかな家庭になっていることでしょう。

 

居住する土地探しと自分の持ち家を建築することは別々のことではありませんから、両方の計画を並行して進めなければなりません。

 

建売住宅なら同時に購入できます。

 

日当たりや車道との境界のこと、隣近所の自分の持ち家の状況などを確認してから居住する土地購入を決めましょう。

 

何度も現地に足を運んでください。

 

早朝や夕方、深夜など住む場所を決めるのですから、いろいろな角度からチェックしなければなりません。

スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム