持ち家を建築する手順

持ち家を建築する手順



 

スポンサーリンク

持ち家を建築する手順

持ち家を建築する手順

 

自分の持ち家を建築する一般的な手順を説明しましょう。

 

まだ、結婚したばかりで自分の持ち家のことまで考えていない人もいるでしょうが、いずれは建築することになりますから、早めに計画を立てることをおすすめします。

 

まず、居住する土地探しからです。

 

スポンサーリンク
  

 

土地探しで地域の雰囲気調査

持ち家を建築する手順

 

居住する土地探しは売りに出されている居住する土地の面積や形だけではなく、その周辺の自分の持ち家の様子や交通事情も重要です。

 

そこに住むのですから、隣近所がどのような人なのか知っておいて損はありません。

 

街並みはよくても住んでいる人が怖い人かもしれません。

 

それから、自分の持ち家のおおよその広さと居住する土地の広さを考えることです。

 

あなたの今の家族と将来予想される家族から自分の持ち家の広さが決まるでしょう。

 

その自分の持ち家を建築するだけの広さを持った居住する土地探しをしなければなりません。

 

居住する土地探しは慌てる必要はありません。

 

具体的には知り合いの工務店などがあれば、業者にいい物件を紹介してもらうようにしておけばいいでしょう。

 

すぐに居住する土地が見つかるとは限りません。

 

購入する前には居住する土地を見に現地に出かけて、自分たちの目で確認してください。

 

それから、自分の持ち家の間取りを決めます。

 

南側の日当たりを考慮して夫婦の部屋、子どもたちの部屋、おじいちゃん、おばあちゃんの部屋などを割り振りましょう。

 

2階建て、3階建てもいいでしょう。

 

これらの計画と並行して、住宅ローンを計画するのです。

 

自分が何歳になった時に返済が完了するかを考えてください。

 

借り入れ住宅資金と毎月の返済額を計算します。

 

無理なローンを組んでしまうと、後で苦しくなってしまいます。

 

 

居住する土地探しと不動産事業者

持ち家を建築する手順

 

居住する土地探しなら不動産事業者に依頼するといいでしょう。

 

もちろん、知り合いがいればその人に頼むべきです。

 

自分の持ち家を建築するための居住する土地探しですから、一生に一度と考えなければなりません。

 

それだけ大きな買い物になるのです。

 

居住する土地探しは広さや形も気になりますが、住む場所として気に入ることができるかを考えてください。

 

高額な自分の持ち家を建てても、住みたくない街であれば自分たちが嫌な思いで一生を過ごすことになります。

 

楽しく暮らして、老後も住んでいたいような居住する土地を手に入れたいものです。

 

もちろん、10年後、20年後の街がどうなっているかを予想することは難しいですから、頼りになるのは自分の直感だけでしょう。

 

不動産事業者はいろいろなお客を相手にしていますから、居住する土地探しの基本的なことはよくわかっています。

 

ある程度任せておきましょう。

 

もちろん、物件を紹介してもらったら、現地を見て確認しなければなりません。

 

写真や人から聞いたことだけではわからないのです。

 

自分の持ち家を建築することは一生に一度の大きなイベントでしょうから、簡単に決めるわけにはいかないのです。

 

不動産事業者では居住する土地探しだけではなく、自分の持ち家を建築する業者も紹介してくれるでしょう。

 

または建売住宅の情報も持っているかもしれません。

 

いずれにしても、多くの情報の中から自分たちに合っている物件を選択してください。

 

幸せになれるかどうかが決まると言っても大げさな話ではありません。

 

重要なことは夫婦でしっかりと話し合うことです。

 

 

後悔しない自分の持ち家を建築する

持ち家を建築する手順

 

自分の持ち家を建ててから後悔する人が少なくありません。

 

その理由を考えてみましょう。

 

理由がわかれば自分が自分の持ち家を建築する時の参考にすればいいのです。

 

居住する土地探しから始まり自分の持ち家に住むようになって後悔するのでしょう。

 

もちろん、後悔したいと思っている人はいません。

 

まずは自分の持ち家を建築する時のことを考えてみましょう。

 

居住する土地探しで注意すべきことは何でしょうか。

 

現地を見学してみて何がわかると思いますか。

 

近所の様子や買い物、通勤など一通りチェックすることでしょう。

 

しかし、見学した時と実際に住んだ時では感じ方が違うのです。

 

それを後悔と表現しています。

 

実際には自分が生きてきて考え方が変わったことも一因です。

 

若い時にはいいと思っていても中高年になるとそこまで思わないのでしょう。

 

ただ、自分の持ち家を建築する時からわかることも少なくありません。

 

これまでに後悔した人のアドバイスを参考にするのです。

 

まずは今住んでいる自分の持ち家に対する不満をピックアップしてみましょう。

 

今はどこに住んでいるのでしょうか。

 

アパートでしょうか。

 

そこには何らかの不満があるはずです。

 

それを解消するためには何をすればいいでしょうか。

 

いろいろとアイデアがあるでしょう。

 

もちろん、予算には限りがありますから、すべてを満足させることはできません。

 

あきらめることも重要なのです。

 

自分で自分の持ち家を建築するわけではありませんが、インターネットなどで情報を得ることでわかってくることがあります。

 

最近の自分の持ち家を建築する時の手順もあるのです。

 

 

自分の持ち家を建築する時の予算

持ち家を建築する手順

 

何をするにしても予算を考えておかなければなりません。

 

一生で一番高い買い物と言われている自分の持ち家も同じです。

 

自分の持ち家を建築するための費用を一度に支払うことができる人はごくわずかですから、住宅ローンを組むことになります。

 

つまり、住宅ローンを前提とした予算を考えることが大切です。

 

頭金はいくらで、毎月いくら返済していけるかを考えてください。

 

そして、返済が終わる時に自分が何歳になっているかを計算しましょう。

 

子どもたちに借金を残さないようにすることが基本です。

 

もちろん、無理な返済金額を設定してはいけません。

 

子供たちが成長することによって、予想していないお金が必要になる場合があるからです。

 

住宅資金に余裕を持っておくことを忘れないようにしてください。

 

居住する土地探しもできるだけ安い居住する土地がいいのですが、生活することを考えておかなければなりません。

 

高くても購入したいと思うこともあるでしょう。

 

居住する土地探しと自分の持ち家作りは一緒に検討しましょう。

 

住宅ローンは居住する土地と自分の持ち家の費用を合わせることができます。

 

重要なことは現在の給料がいつまでも続くわけではないことを考えてください。

 

最悪の場合、勤め先が倒産してしまうかもしれません。

 

いきなり収入がなくなってしまうのです。

 

もちろん、そのようなことを考えてしまうと住宅ローンを組むことはできません。

 

ポイントは計画を立てることです。

 

計画通りにいかない事態となっても、そこで計画を軌道修正すればいいのです。

 

自分たちの自分の持ち家を建築することが重要です。

スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム