一戸建て売却の一括査定を申し込みしてみました【第3回不動産売却体験談】 | 不動産購入売却物語

一戸建て売却の一括査定を申し込みしてみました【第3回不動産売却体験談】



 

スポンサーリンク

一戸建て売却の一括査定を申し込みしてみました【第3回不動産売却体験談】

親から引き継いだ土地付き一戸建てを売却することになり、いろいろ調べています。

 

不動産購入売却物語サイト管理人フドウ・キンヤとキン子夫婦です。

 

なにはともあれ、不動産を売却するには、不動産屋さんに頼まなければなりません。

 

素人が土地や家を買ってくれる人を見つけるのは無理です。そこで、インターネットで不動産売却の査定をしてくれるところがありますので活用しました。

 

なるべく高く売却したいので、いろいろな不動産屋さんに見積もってもらい、よさそうなところにお願いしたいと思います。

 

不動産売却の成功には不動産屋さんとの関係が大切

 

今から思うと、どの不動産屋さんを選ぶかで売却の運命は決まってしまうと思います。

 

というのも、不動産の売却は高額な取引になるので、売る人と、買う人のマッチングがしっかりと出来ないと売れません。

 

そもそも買う人の情報網をどれだけ持っていて、広げることが出来るのかという不動産屋さんの力量にゆだねられるところが大きいからです。

 

不動産売買は情報戦です。

 

特に今回のような売却というものにとっては、いかに高く買ってくれるお客さんを見つけてくるのかが一番大切なのです。

 

ですから、売り主と不動産屋さんは同じ立場で協力しあえる関係が大切です。そのためには担当者との相性も大きいのです。

 

これは、売却が済んでからそう思ったことですが、幸い、我家の場合には、情報をいっぱい持っている不動産屋さんと相性の良い担当者さんに恵まれました。

 

 

スポンサーリンク
  

 

 

それを見つけたのは、ネットでの一括見積もりサイトでした。

 

初めての不動産売却一括査定申し込み

 

話をもどして、最初の段階です。

 

初めて、不動産売買での一括査定というものに申し込んでみます。不動産会社からの家や土地を売って下さいとうようなチラシは、いつもポストに入ってます。

 

いちいち、チラシをみて電話するのも面倒なので、一括査定というシステムは便利です。査定するだけなら無料です。

 

しかし、無料なのはいいのですが、個人情報をたくさん入力しないといけません。ネット経由ですからちょっと心配なところもありますが、大手のところなら大丈夫だろうと申し込んでみたのはここです。

 

まずここで、申し込みしました。
 ↓↓↓

マンション売却、不動産売却のイエイ

 

 

不動産売却のイエイで一括査定に申し込んでみました。

 

クリックした先のページにいくと、全国の1000社の不動産会社の中から6社まで査定の申し込みをすることが出来ます。こんなページです。

 

マンション売却、不動産売却のイエイ

 

画面の赤で囲ったところから売却するタイプや地域など必要事項を選択してクイック診断スタートを押します。

 

次の画面で、オンライン査定がスタートします。売却する土地や家屋のだいたいの様子を入力します。
建物の面積、土地面積、間取り、築年数などを選択入力して次に進みます。

 

マンション売却、不動産売却のイエイでクイック診断

 

わかりやすい画面で、選択フォームになっているので迷うことはないでしょう。

 

選択入力していく過程で、質問に答えていくだけです。

 

査定理由とか希望とか大まかな質問に答える選択フォームになりますので、だいたいでいいのでどれかを選んでいきます。

 

一括査定申し込み画面のレイアウトや内容も、どんどん変化していますので、現在は、私達が申し込んだ時とは違うかもしれませんが、基本事項は同じだと思いますので、申し込んだ内容を再現してみます。

 

名前と電話、メールアドレスなどの連絡先を入力ます。

 

土地とか、店舗とか一戸建て、マンション一棟とか出てくるので、一戸建てを選択しました。

 

査定方法を選択するところでは、「簡易査定」か「訪問査定」を聞いてくるので、私は簡易査定にしました。

 

そして査定の種別というところで、「仲介」「買取」「仲介買取の両方」があったので、「仲介買取の両方」を選択しました。

 

次の欄は、査定したい物件ということで、入力した不動産の所在が書かれていて、建物の面積を選択します。わからない人はだいたいでいいですよと表示されています。

 

これは、18坪としました。土地の面積を選択します。これは、22坪としました。

 

そして、間取りと、築年数を選択します。現況は、空室なのか居住中なのか更地なのかとかを選びます。

 

次に、「あなたと査定物件との関係は?」となっているので該当のものをえらびます。

 

買い替えの予定が次にあったので、買い替え予定はないので無しと選択しました。

 

査定希望理由のところは、遺産相続した不動産なので、「資産整理」を選びました。

 

次の希望欄があり、「近所には知られたくない」「買取について相談したい」「税金について相談したい」「特になし」とこれにもチェックをつけるようになっていました。

 

私は、買取について相談したいにチェックをいれました。

 

そして希望や要望を書ける欄があるので、必要があればなにか書いておくといいでしょう。

 

その下にお客様情報があり、住所、名前、年齢、電話番号、メールアドレスを記入して、連絡希望日時を選択できるようになっていました。

 

その次に査定を希望する不動産会社をチェックする画面が出てきます。

 

入力した不動産の規模や地域に該当する不動産会社の候補が一覧で出てきますので、その中からこれはというところにチェックを入れていきます。

 

私の物件の近所では、「7社みつかりました」と表示されていました。

 

不動産会社のアピール文が書いてあるので、読んでみて、そこから6社までチェックをいれると完了します。

 

電話かメールで選択した不動産会社から連絡があるみたいです。査定結果のすべてを電話で教えてくれるだけなのか、その後の質問によって、一社と相談をしなくてはならなくなるのか?

 

そんなことが気になりますが、査定してもらわなければ次に進みません。どんどん行動あるのみです。

 

高額な取引がはじまるので、ここまで入力するだけでも、けっこう緊張しました。

 

入力完了を押すと、「無料査定のお問い合わせが完了致しました」と出てきて、「下記のご依頼された不動産会社より電話かメールにてご連絡が入ります。」と表示されていました。

 

そして、一番最後に目を通してくださいと次の文面が表示されていました。

 

「不動産査定は、査定の時点で一番高値を示した会社がベストの会社ではございません。査定額が出た後は、各不動産会社から査定額の根拠を聞いてみて下さい。その上で実際の販売能力など全ての会社からじっくり聞いた上で、お客様自身がベストと判断した不動産会社をご選択される事が不動産売却の成功の秘訣です。」

 

ということだそうですので、連絡があったら、ネホリハホリ聞きまくらなければなりません。こうやって経験を積んで知識を増やしていかなくてはなりませんね。

 

一戸建て売却の一括査定を申し込みしてみました【第3回不動産売却体験談】のまとめ

 

親から引き継いだ土地付き一戸建ての売却では、とにかく情報を持っていて相性の良い不動産屋さんを見つけることです。

 

最初にすることは、ネットでの不動産売却の一括査定サイトで数社へ売却希望の情報を送ることです。

 

全てはそこから始まります。なるべく高く売却したいわけですが、実際に不動産を買ってくれる人を見つけてくれるのは不動産屋さんです。

 

売却に向けて機敏に動いてくれる担当者さんと出会うことが大切です。そのためには、一括で数社へ査定してもらい、その対応状況からひとつの不動産屋さんを決めます。

 

その話は、次回に詳しくお話いたします。

 

スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム