持ち家を建築すること

持ち家を建築すること



 

スポンサーリンク

持ち家を建築すること

持ち家を建築すること

 

これから自宅を購入したい場合、物件情報は、不動産屋さんがたくさん提供しています。

 

もちろん、新築物件もありますし、中古物件もあるでしょう。

 

いずれにしても自分で持ち家を建築するつもりなら、参考になるはずです。

 

まずは居住する土地探しから始めなければなりません。

 

インターネットで不動産屋さんのサイトをチェックしてみましょう。

 

おすすめ物件がたくさん掲載されているはずです。

 

ただ、居住する土地探しだけで終わるわけではなく、自分の持ち家を建築するための手順も考えておかなければなりません。

 

不動産屋さんと建設業者の両方からアドバイスをもらいましょう。

 

信頼できる不動産屋さんであれば建設業者も紹介してもらえるはずです。

 

いろいろなルートからおすすめ情報を集めるのです。

 

すぐに希望の居住する土地が見つかると思ってはいけません。

 

一生に一度の買い物ですから、数年間検討してもいいでしょう。

 

自分の家族の人数とこれからの生活パターンを想像してください。

 

10年後には家族構成も変わっていることでしょう。

 

楽しい家族でいるためには、自分の持ち家も大切ですが、毎日の過ごし方を考慮してください。

 

仕事で遅くなることがあっても、できるだけ一緒に食事をするとか、朝食は必ず食べると言ったことです。

 

自分の持ち家を建築することが目的ではありません。

 

生活を充実させることが重要なのです。

 

都会の暮らしに慣れている人は地方には住みたくないと思っていることでしょう。

 

逆のケースもあります。

 

いずれにしても自分たち家族の将来を考えることで建築する自分の持ち家も変わってくるのです。

 

 

スポンサーリンク
  

 

 

自分の持ち家を建築するタイミング

持ち家を建築すること

 

人生の中で自分の持ち家を建築するタイミングについて考えてみましょう。

 

もちろん、そのための住宅資金が必要です。

 

ケースによっては頭金なしで住宅ローンを利用することもできます。

 

一番高い買い物となる不動産ですから、じっくりと考えなければなりません。

 

まずは居住する土地探しでしょう。

 

目星をつけた居住する土地があれば実際に現地を見学しましょう。

 

居住する土地探しは場所だけを見るのではなく、周りの自分の持ち家の状況や通学、通勤、買い物など考慮しなければなりません。

 

特にこれから家族が増える予定ならば、生まれてくる子供たちの生活を考えておくことが、重要なポイントです。

 

もちろん、10年先、20年先のことはわかりませんから、どのタイミングで自分の持ち家を建築するかは難しい選択です。

 

結婚してすぐに自分の持ち家を建築する人もいますし、長くアパート暮らしをする人もいます。

 

どれが正解と言うことではなく、自分たち夫婦がどのような計画を立てるかを明確にしましょう。

 

2人でしっかりと話し合ってください。

 

子どもが小さい時と大きくなってからでは自分の持ち家の作り方が変わってくるでしょう。

 

しかし、いずれは巣立っていくのですから、老後のことも考えなければならないでしょう。

 

2世帯住宅にリフォームする人も少なくありません。

 

新しく建てた自分の持ち家でも、20年経てばいろいろなところが傷んできます。

 

もっと住みやすくするためにリフォームは避けられないのです。

 

自分の持ち家を建築するタイミングとは自分の人生計画そのものといえます。

 

今のうちから、しっかりと計画を練っておきましょう。

 

 

持ち家と居住する土地の情報

持ち家を建築すること

 

自分の持ち家を建築するには居住する土地が必要です。

 

まずは居住する土地探しから始めましょう。

 

居住する土地探しのための情報はどこから得ることができるでしょうか。

 

もちろん、インターネットにたくさんの情報が掲載されています。

 

しかし、直接不動産屋さんに問い合わせた方がいい居住する土地が見つかりやすいと言われています。

 

いい宅地はすぐに売れてしまうため、インターネットに掲載されるのは売れ残りの宅地なのでしょう。

 

自分の持ち家を建築する計画を立ててから、どのタイミングで実際に購入するかは、それぞれの家族でしっかりと考えなければなりません。

 

ただ、地価の相場をチェックしておくことは重要です。

 

地域によって地価は違います。

 

ビジネスとして居住する土地探しをしているわけではありませんから、住宅地の地価をチェックしなければなりません。

 

住みやすい場所を探しましょう。

 

閑静な住宅地であっても10年経てば周りの景色は変わってきます。

 

それを想像して自分の持ち家を建築するのです。

 

自分の持ち家の間取りも計画しなければなりませんし、住宅ローンも検討しましょう。

 

中には結婚する前から自分の持ち家と居住する土地を購入している人もいることでしょう。

 

どのような形が正解かはわかりません。

 

しかし、自分たちが楽しく暮らしていける場所を確保することが重要なことは誰でも同じはずです。

 

高額な住宅ローンを組んでしまうと返済で苦しくなることもあります。

 

できるだけ余裕のある計画を考えなければなりません。

 

小さな自分の持ち家、狭い居住する土地で我慢しなければならない時もあるでしょう。

スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム