自分の持ち家を建築するためには

自分の持ち家を建築するためには



 

スポンサーリンク

自分の持ち家を建築するためには

自分の持ち家を建築するためには

 

自分の持ち家を建築するためにやらなければならないことはたくさんあります。

 

もちろん、一戸建てを購入する人もいるでしょうし、マンションを選択する人もいます。

 

自分たちが住むための場所に応じて、選択肢があるのです。

 

自分の持ち家を建築するためには居住する土地探しから始めなければなりません。

 

居住する土地探しは自分が一生住むつもりの場所探しです。

 

居住する土地の形や面積はあまり重要ではないのです。

 

ただ、20年後に周辺がどのように変化しているかを予想することは難しいでしょう。

 

したがって、今の生活を前提として計画を立てればいいのです。

 

子どもたちが大きくなって、高校や大学に行く時の通学方法を検討しておきます。

 

どのような形であれ、後悔しない自分の持ち家作りが基本となりますが、人生は後悔の連続です。

 

リフォームをせずに済む自分の持ち家はないと考えてください。

 

居住する土地探しで重要なのは生活圏内の施設です。

 

買い物施設や学校までの距離を考慮してください。

 

高齢になって車に乗ることができなくなると、途端に買い物が不便になってしまう住宅地も少なくありません。

 

日本の居住する土地が増えていくわけではありませんが、住宅地は広がってきました。

 

しかし、これから先の人口減少によって状況は変わるでしょう。

 

自分たちの生活に影響を与えるのです。

 

自分の持ち家を建築すること、居住する土地探しをすることは自分の人生そのものと考えましょう。

 

価格や細かい自分の持ち家の作りなどは後からでも変更できます。

 

今やらなければならないことが何かをしっかりと意識することが重要です。

 

 

スポンサーリンク
  

 

 

自分の持ち家と家族

自分の持ち家を建築するためには

 

家族が集うためには自分の持ち家が必要です。

 

その自分の持ち家を建築するためには居住する土地探しが重要になってくるのです。

 

自分が生まれ育った地域で居住する土地探しをするのか、仕事場に近いところで居住する土地探しをするかはその後の家族の生活に大きな影響を与えることになります。

 

また、高齢になった親の面倒を見なければならないなら、さらに影響の度合いは強くなってくるはずです。

 

安い居住する土地探しができたとしても、それが最良の選択肢とは限りません。

 

自分の持ち家を建築する場所が決まれば、そこで生活する家族のことを考えましょう。

 

子どもたちが小さくてもいずれは成長していきます。

 

自分たちの部屋がほしくなることでしょう。

 

どこまでを予定しておくかによって自分の持ち家の間取りは変わってくるのです。

 

もちろん、何十年も先のことを考慮することはできませんから、どこかで区切りを付けなければなりません。

 

また、予算についてもよほど裕福な家庭でない限り、一定の諦めが必要になるでしょう。

 

まずは今の家族が楽しく暮らせることを優先しましょう。

 

そのための居住する土地探し、自分の持ち家作りなのです。

 

家族が住んでいて楽しくなることと自分の持ち家の間取りが関係していると考えている人もいます。

 

どのような間取りが正解かは誰にもわかりません。

 

ただ、しっかりと考えることが重要です。

 

自分の持ち家を建築する計画を検討するうちに家族の絆が強くなることもあるでしょう。

 

人の生活は自分の持ち家を中心としていることだけは間違いないのです。

 

仕事や学校が終わって帰る自分の持ち家があることだけでも幸せになれるのです。

 

 

持ち家を建築する場所

自分の持ち家を建築するためには

 

どこに自分の持ち家を建築するかで悩んでいる人は少なくありません。

 

一般的には夫婦になってから自分の持ち家を建築することになりますが、親の近くにするか仕事の都合に合わせるかを判断しなければならないのです。

 

田舎で生まれた人は都会にあこがれていますが、それほど単純なことではありません。

 

もちろん、自分の持ち家を建築することでこれまでの生活が少し変わることは避けられません。

 

ただ、自分たちが望んで自分の持ち家を建築するのですから、少しでもいい方向になるように考えなければなりません。

 

どのような自分の持ち家を建築するかを考える前に居住する土地探しです。

 

具体的な居住する土地探しは不動産屋さんなどに依頼することになるでしょう。

 

親しい不動産屋さんがいればいいのですが、当てがなければインターネットで検索してもいいでしょう。

 

居住する土地探しでは実際の居住する土地を見学することが大切です。

 

資料だけではわからないことがたくさんあるからです。

 

もちろん、地価や広さも考慮しなければなりません。

 

造成された居住する土地であれば、長方形になっていることが多いのですが、周辺が売れて行って、いかにも売れ残りのイメージの宅地を選択しなければならないこともあるでしょう。

 

理想ばかりを追い求めても無理があります。

 

どこかで妥協しなければならないのです。

 

そこに住んでいる人との近所付き合いも重要な課題でしょう。

 

自分の持ち家を建築する場所は地図だけで決められることではないのです。

 

もし、Googleだけで場所を検索しているのであれば、大きな間違いになることでしょう。

スポンサーリンク
  

不動産一括査定は、まずここで、申し込みしました。
不動産購入売却体験談の物語★管理人フドウ・キンヤが査定申し込みしたところです。→ マンション売却、不動産売却のイエイ
  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 不動産売却体験談 不動産売買の知識 不動産売買コラム